商品詳細ページへ

プチ断食でアンチエイジング!綺麗と健康を手に入れる。

健康に気を付けようと思っても、つい誘惑に負けてしまって暴飲暴食をしてしまう事、ありませんか?

どんなに気を付けても、添加物や農薬を含んだ食品をゼロににすることは、なかなか難しいですよね。

内臓を休ませ、体の余分な老廃物を排除して、体も頭もリフレッシュする『断食・ファスティング』。

ダイエットの為にも効果的ですが、その最大の目的はアンチエイジング。

本当に体をリセットして若返りたいのなら、プチ断食・ファスティングがおススメですよ!

 

断食(ファスティング)の効果

・内臓を休ませる

過食が続くと、胃や腸・肝臓などが過労状態になります。食べない時間を増やせば、その分休息ができて機能がパワーアップ。

・有害物質の排出効果

食品添加物・農薬・から取り込まれた有害物質は脂肪にすべて蓄積されます。断食によって貯まった脂肪が燃焼されると毒素も排出されます。

・血液がサラサラになる

血管内から余分なコレステロールが取り除かれる。

・免疫力がアップする

食べ物の消化に使われていたエネルギーを、体の機能回復に回せるために、治癒力が高まる。

・脂肪が燃える

内臓機能が回復し、代謝も活発になるので脂肪が燃えやすくなる。

・味覚が敏感になる

断食をすると味覚に敏感になります。それまで美味しいと感じていたファストフードよりも健康的な食事を体が欲しがるようになる。

・集中力が高まる

・病気を早く治す手助けをする

食べ物を消化する作業は体にとって負担。食べないことで、その分修復すべき個所に血液が集中し、治癒能力が高まります。

・腸内環境が良くなる

腸内環境が整うことによって免疫量が向上し、便秘や花粉症やアトピーにも有効です。

断食はお肌にもいいのよね。免疫量もアップして風邪も引きにくくなるのよ~。

断食(ファスティング)の種類

断食には準備・断食・復帰の3段階を3日間かけて行うやり方。

1日のうちに8時間だけ食べる時間を設けて、後の16時間は何も食べない。というやり方があります。

1週間かけて行う断食や、3日間水やドリンク以外の者は口にしない断食は、素人の私たちには向いていません。危険が伴いますので、プロの指導のもと行ってください。

断食の準備期と回復期のおすすめ食材

準備期間と回復期間は、現代人が取り過ぎている糖質・炭水化物を控えめに摂るようにします。

準備期間・回復期におススメなのは『マゴワヤサシイ』の食材で作られた主菜と副菜にご飯とみそ汁を添えたもの。

ミネラルやビタミンや食物繊維がたっぷりです。

POINT

  • マ (豆類)納豆・味噌・豆腐・大豆
  • ゴ (種子類)ゴマ・アーモンドなどナッツ類
  • ワ (海藻類)昆布・もくず・ワカメ・昆布
  • ヤ (野菜類)緑黄色野菜中心
  • サ (魚類)小魚や青魚
  • シ (キノコ類)干しシイタケ・えのき・マイタケ
  • ィ (芋類)さつまいも・山芋・里芋
  • 参考『あなたのダイエットが失敗する理由』森拓郎著

 

3日断食(ファスティング)の方法

日頃お仕事で時間が取れない人は、週末の3日間の断食がおススメ。

金曜日(準備期)

(朝)腹8分目にしておく

ご飯(白米・玄米)お茶碗半分程度。

お味噌汁(豆腐とわかめたっぷり)と納豆などがおススメ。

(昼)腹8分【マゴハヤサシイ】の食材を使う。

(夜)腹5分目 普段より水分量を多めにとる。就寝3時間前までに食事をすませ、お酒は控える。

(花金にお酒を控えるのはつらいですけど、我慢しましょう!)

準備期。食べる量を減らして粗食に変えただけでも、体重は大分落ちています。

断食準備初日の夜は、かなりつらいのよね~。

土曜日(断食期)

水分は2.5L以上は必ず飲んでください。

(朝)酵素ドリンクと水のみ

断食には酵素ドリンクがおススメです。もちろん水でもかまいませんよ。

※酵素ドリンクはメーカーは関係なし。残留農薬無し・無添加のドリンクを選びましょう。酵素ドリンクを使うと空腹感がそれほど苦痛にはならずに断食にはピッタリ。

このあたりからすでに味覚が鋭くなってきていると思います。

(昼)酵素ドリンクと水のみ

普段は食品からとっている水分がないために、脱水症状になりやすいです。こまめに水分補給をしましょう。

昼過ぎには、脂肪燃焼システムが動き出します。

(夜)酵素ドリンクと水のみ

酵素ドリンクのほのかな甘みが体に染みてきます。味覚が非常に敏感になっているのがわかります。

明日の食事を考えると気持ちが高揚してきます。

 

日曜日(回復期)

(朝)お粥と梅干・具のないみそ汁

内臓は約30時間以上休止しています。

早く食事を摂りたい気持ちはわかりますが、最初は消化のいいお粥に梅干がいいでしょう。ゆっくり味わいながら召し上がってください。

断食明けの白米の甘さに感動!こんなにお米って甘かったっけ!?お味噌汁の美味しさ神!

こんな感動を味わえます。とにかく食物の素材の美味しさに感動して、濃い味付けのモノやファストフードの人工的な味付けが受け付けなくなります。

 

(昼)『マゴハヤサシイ』の食材の中から選び、腹8分目にしておく。

(夜)同じく、『マゴハヤサシイ』の食材から腹8分目。

断食する前に準備をした期間と、同じくらいに回復期間を取って食事を戻していくことが、リバウンドをしないコツだそうです。

断食後すぐは吸収力が高まっているので、揚げ物とか脂っこい肉は避けた方がいいです。

朝の目覚めがバッチリ!体も軽いし!何より、お粥が死ぬほど美味しですぅ~。

断食(ファスティング)の効果

 

〇余分な脂肪が燃焼されて老廃物が排出される。

〇味覚が鋭くなり、自然なものを好んで食べたくなる。

〇疲れた内臓の機能が回復する。

〇脳が疲労回復されて、集中力がでてくる。仕事の能率が良くなる。

〇自律神経を整え疲労感の軽減

消化器官を休ませると、体内の炎症が鎮まって老化が抑えられるよ~。

断食(ファスティング)をおすすめしない人

 

・BMIの数値が18.5以下のやせ型の人

・生理中の女性(生理終了3日後くらいが目安)

・妊娠中や授乳中の女性

・16歳以下の子供(成長期が終わるまでは、断食は向いていません。)

・内臓疾患や病気のある方

※医師の指示に従った方がいいですね。

断食(ファスティング)に注意が必要な人

日頃から糖質大好きで、パン・ラーメン・ピザ・カップ麺を1日2食以上取っている。

ケーキやスナック菓子甘い物は、毎日食べていて、甘い物なしの生活は考えられない人。

急に断食を始めると、頭痛や吐き気など低血糖症状が起こりやすいです。

まずは、糖質を減らすことを心掛けて準備期間を取ってから断食にチャレンジしてみましょう。

驚くほど体が軽くなりますよ。

断食(ファスティング)の時にどうやって過ごすの?

 

特に断食の時は時の流れが遅いです。(笑)

『早く明日になって欲しい~!早く何か食べたい!』こんな時はどうしたらいいでしょうか?

激しい運動は禁止

 

激しい運動はやめて、軽く散歩やヨガなどがいいですね。特に日光の光を浴びると、明るい気持ちになってきます。

 

銭湯や健康ランドに行ってみる

 

お風呂に入ると体が温まると、お腹が減っているという感覚がかなり軽減されます。サウナはフラフラになり危険なので、入らないほうが無難です。

家でお気に入りのドラマや映画を見る、本を読む

週末に見たかったドラマなどを、まとめ鑑賞すると空腹感が和らぎます。また、読みたかった本や、漫画をまとめて読むのもおススメです。

友達から漫画を借りてきて20冊全部読んだわよ~。大分気が紛れて助かったわ~。

友達と話す

 

お気に入りのカフェで、友達とお茶を飲んで女子会。やはり女子のストレス解消はおしゃべりでしょう。友達は、あなたの目の前で美味しいスイーツを食べうかもしれませんが・・・我慢です。

半日だけ16時間のプチ断食

メンタリストDaiGoさんがおススメしている、半日だけの16時間断食。

3日間の断食が難しい人は、体調が良くなる効果が同様に得られるので、こちらの半日だけの16時間断食もおススメですね。

例えば、朝10時に食事を食べると、夕方の18時までが食事がとれる時間帯です。18時から翌日の10時までの16時間は何も食べないのです。

DaiGoさん曰く2週間くらいで慣れてくるそうですが、慣れるまでがきついですね。

ただカロリー制限なしで、気にするのは食べる時間帯だけ。

なんでも食べられるのが続けられる理由だそうです。

食べ物の種類や、めんどくさいカロリー計算なしに出来るダイエットですので、1番管理が簡単ですね。

16時間胃を休めていると、自然と食欲が落ちてきて、カロリー制限をしていると同等の、ダイエット効果が上がるそうです。

この半日のプチ断食でも、血液がサラサラになったり、睡眠の質が高くなったり、腸内環境の改善に効果があるそうですよ。

私には、半日のプチ断食が、合っているかも~。めんどくさいカロリー計算より、半日プチ断食が簡単そうだわ。

食べ過ぎた時だけのプチ断食でも効果あり!

毎日、半日のプチ断食をしなくても、例えば食べ過ぎた次の日に、半日のプチ断食をします。

そうすると、前日に食べ過ぎた余分な栄養素をリセットすることが出来ます。

食べ過ぎた食事(糖質)脂肪に変わり体重に変わるのは約2週間後です。

ですから食べ過ぎた次の日に食事の量と、摂取した糖質を消費してしまえば、太りません。

この時に、半日のプチ断食が有効になってくるのです。

午後22時までに、レストランで食事を食べた場合、次の日の午後の16時まで断食をすればいいのです。

朝食・昼食は抜くことになりますが、胃のサイズを元に戻をす効果があります

プチ断食でも水分補給は大切!

もちろんその間に、水分を補給しないといけません。

朝1番に飲むのは、白湯がおススメ。

昨晩アルコールのの飲み過ぎで,脱水症状が起きているかもしれません。カフェインが入っている、刺激の強いコーヒー、や紅茶を朝から飲むのはお勧めできませんね。

他には、酵素ドリンク・お手製の野菜ジュース・具のないみそ汁でも代用ができます。

夕方の16時まで水分は十分に補給しておきます。

この間の激しい運動は避けてください。夕方16時以降になったら、消化にいい物を腹8分目で食べ始めてください。

基本は和食で『マゴハヤサシイ』の食材から選んで調理して下さい。

 

プチ断食は日ごろ忙しい人にもは簡単にできる

半日のプチ断食は月に2~3回のペースで行うと、体の調子が良くなるのでおススメです。

メンタリストDaiGoさんは、ほぼ毎日やっていると言っていますが、自身のペースでして良いと思います。

また、女性の方は、少し緩めの12~14時間のプチ断食でも効果は狙えるそうです。