商品詳細ページへ

奇麗と若返りの食事術、アンチエイジング効果高いの食事と食べ方。

日本に生まれたすべての女性は、美を約束されたシンデレラガール。

『ええ~!?何それ?。意味わからない。』

これは、誇張表現ではありませんよ。事実です。

実際、日本人女性の平均寿命は世界1位。

2005年、ニューヨークに住む日本人Naomi Moriyama さんが『Japanese Women Don’t Get Old or Fat』(日本の女性は、老けない、太らない)という本を発表して欧米で大ベストセラーになりました。

嬉しいことに、日本の女性は寿命が世界で1番長い事のほかにも、肌も髪も世界で最も美しいということが書かれてあります。

今回はその美の秘密を徹底的にリサーチしてみました。

アンチエイジング・美と若返りの食事術

 

食事回数は1日2食が理想的

現代人はとにかく食べ過ぎ、栄養過多傾向にあります。特に食事が欧米化しているために、高脂肪・高糖質の食を好む傾向があります。

実は、1日に2食の適度の空腹を感じる方が、体が元気に動き出すと最近の研究では言われています。

POINT

  • 空腹でアップするの美と体の健康
  • 体内の脂肪が燃焼しやすくなり、有害物質の排出力がアップする。
  • 中性脂肪が減って、血液がサラサラになる。
  • 内臓を休ませることができるので内臓機能がアップ
  • 体内の炎症が治まるので、老化が抑えられる。お肌が艶々になる。
  • 余分な栄養が減り、代謝が上がるってむくみが取れて足が美しくなる。

 

1口30回噛んでから飲み込む

 

1口30回の咀嚼によって、唾液が大量に分泌され消化や栄養の吸収をスムーズにすることができるのです。

POINT

  • 唾液で食べ物を溶かすことで、味覚が鋭くなる。
  • 口の中の粘膜を唾液で保護して、保湿ができる。
  • 大量の唾液によって、口の中を殺菌し虫歯予防にもなる。口臭の改善効果がある。
  • 噛むことで口の周りのトレーニングになり、小顔効果が狙える。

お肌のアンチエイジング・お肌に効く食べ物

 

大豆食品を摂る日本人は世界1の美肌

日本の女性の肌の美しさは世界1位!

いや~?韓国女子じゃない?

いえいえ・・・日本女子が1番です(きっぱり)

その美しさの秘密は大豆食品を良く摂るからではないか?と言われています。

豆腐・納豆・味噌・しょうゆ・枝豆・豆乳・もやし・きな粉・ゆば・おからなどと挙げたらキリがないくらいです。

大豆は肉と同じくらいのたんぱく質を含んでいて、その30%がタンパク質成分です。

ドイツでは『畑の肉』アメリカでは、『大地の黄金』と呼ばれています。

他にも、栄養素をたくさん含んでいますがその中でも、お肌に関係の深い成分の大豆イソフラボンが沢山含まれています。

大豆イソフラボンは体の中で女性ホルモンである、エストロゲンと同じ働きをします。

大豆を含む食品を食べると、肌の保湿に必要なヒアルロン酸を増が増えます。

コラーゲンの生成をサポートして、ピチピチお肌に保ち、しわやシミを抑える効果が期待できるわけです。

出来れば、豆腐など大豆商品を購入する時は、遺伝子組み換えなどの安い大豆やを避けて、国産大豆使用の豆腐を選んだ方がベストです。

アメリカでは、ヒラリー元大統領夫人が豆腐スムージの愛好家で、あっという間にセレブの間でブームになったよね~。

脳のアンチエイジング・脳に効く食べ物

 

脳は体の司令塔!脳の老化は即身体の機能も落ちてきます。女性としてはつらつと豊かな人生を過ごす為なら二は、脳の若さも大切です。

オメガ3の油を積極的に摂る

・亜麻仁オイル・エゴマオイル(一般的な植物油の6倍近いオメガ3脂肪酸が含まれています)

・青魚(イワシやニシンといった青魚には、脳の運動に不可欠なEPA やDHAが豊富に入っています。

 

※NG:コーン油や大豆油などのサラダ油であるオメガ6は、多く摂りすぎると体を錆びつかせる原因や。脳梗塞アルツハイマーの原因ともなるので摂り過ぎには注意しましょう。

クルミを食べて出来る女に変身!

 

クルミの形は脳の形に似ているのでブレインフードなどともいわれます。

クルミに含まれているオメガ3の良質の油分に加え、血液を奇麗にするビタミンEのほか、マグネシウムや亜鉛などが豊富です。

胃・腸のアンチエイジングで腸内美人

 

発酵食品や乳酸菌を含んだ食品を食べる

 

発酵食品(ぬかずけ・キムチ・納豆・味噌)を食べることで腸の善玉菌を増やすことが出来る。

乳酸菌 (ヨーグルト・チーズ)を食べる。

乳酸菌が腸の中に入ってくると、善玉菌の母菌が元気になり善玉菌が増えてきて腸内環境が改善されます。

食物繊維の多く含まれる食品を食べる

 

野菜・キノコ類など多くの食物繊維が含まれていますが、特におススメの食品を紹介しますね。

・オクラ(オクラのねばねばにはペクチンやガラクタンといった食物繊維がふくまれていて、β―カロティンもカリウムも豊富です。

・コンニャク(水溶性の食物繊維、腸内の悪玉菌を退治して善玉菌を増やす働きがあります。排泄をスムーズに促すはたきがあり、カロリーがほとんどなくダイエットの強い味方。

私も、こんにゃくラーメンでダイエットしていますぅ。お通じも良くなりカロリー0でおススメですぅ。

黒い艶髪美人になる為の食品を食べる

髪が美しい人を見ると、好感度がアップしますよね。

特に、艶々したストレートの黒髪は、男性陣のあこがれの的です。モテ女子になる為には要チェックです。

良質なたんぱく質を摂る。

髪や爪などの原材料になる、良質なたんぱく質をしっかり摂ることが基本になります。

お肉もいいですが、卵や大豆などの植物性たんぱく質もバランスよく摂ることが大切です。

ミネラルと亜鉛を摂る。

アボガド・牡蠣・マイタケ・焼き魚・ワカメ・ヒジキ

・海藻(ヨウ素や亜鉛・鉄・カルシウム・マグネシウムなど髪を美しく保つミネラルが豊富。)

 

若返りのためのスーパーフード3選

 

食べる美容液アボガド

アボガドは、絶対美しくなりたい女子にはおすすめのスーパーフードです。

ワサビ醤油を掛けると、お刺身のトロを食べている食感と似ています。

その油分はオメガ9という良質なオイル。お肌がふわっとしてきます。

食物繊維も豊富で腸内環境にもベスト。免疫量がアップして健康にもいいですよね。

また、ビタミンEも豊富なので、血行が良くなり冷え性が改善されて髪や肌の透明感や艶がアップします。

1日に半分だけでも充分に効果がありますよ。

5分で出来る簡単アボガドサラダレシピ

【材料】

・アボガド 1個・モッツァレラチーズ1袋

・プチトマト約8個・バジルの葉適量

・オリーブバージンオイル適量

・赤ワインビネガー敵量・塩、コショウ適量

①アボガドを食べやすい大きさに切る。

モッツァレラチーズは小さいサイコロサイズに切る。

プチトマトは半分に切る。

②まとめてボールに入れて、塩と胡椒を適量入れる。

③赤ワインビネガーとオリーブオイルをお好みで入れる。簡単にざっくりかき混ぜる程度にしておく。

④お皿に盛り付け、最後に生バジルの葉を散らす。

市販のイタリアンドレッシングでも、ポン酢を使った和風ドレッシングでも相性はピッタリなのよ~。

美肌の王様ラックス

美肌のスーパーアンチエイジングフードと呼ばれるラックス(鮭)。

その効果はお肌には絶大です。

アスタキサンチン・・ビタミンCと比べると、6000倍も抗酸化作用があり、紫外線による肌のしわを仰制する働きがあります。

DHA・EPA・・この2つの必須アミノ酸がは、脂質を仰制する働きがあり、中性脂肪を減らす働きがあると言われています。

POINT

  • ビタミン・・ビタミンB1・B2・A・Dが非常に豊富。
  • (ビタミンB1)糖質の代謝を促す。
  • (ビタミンB2)糖と脂質の燃焼効果。
  • (ビタミンA)お肌の健康維持。
  • (ビタミンD)骨粗鬆症予防する。

購入する時は天然物がおススメです。養殖の鮭と比べてオメガ3が2~20倍くらい差があります。

鮭の皮はコラーゲンが豊富だから、皮ごと食べるのがイイみたいね。

サムライ・スーパーフード・梅干

東京オリンピックを境にこれから世界で流行るだろうと言われているのが梅干です。

梅干はすっぱいので酸性と思われがちですが、カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄分をたっぷり含んだアルカリ性食品です

この酸っぱさの原因は、クエン酸です。果実の中でも梅干のクエン酸の有含量は多く、レモンの2~3倍と言われています。

クエン酸は血液をサラサラにする働きがあり、血流を改善して免疫力を高めてくれます。

何より私たちの生活は、パンや小麦粉、白砂糖、加工食品と多くの酸性食品を摂っています。

酸性の食品ばかり摂っていると、血液が酸性に傾き、血流の流れが悪くなります。

健康な体になる為には、血液を弱アルカリ性に保つことがベストです。

梅干は1日1粒食べるだけでも酸性に傾いた血液を中和して弱アルカリ性の本来の健康な状態に戻してくれます。

もちろんお肌のツヤもアップし、生活習慣病も予防効果か期待できますね。

梅干を選ぶときは、自然塩を使ったものがおススメですぅ。着色料が少ない物をえらびましょうね~。

どちらが美人になれるのQ&A

 

Q.朝は、みそ汁より野菜一杯のグリーンスムージが健康的?

A.グリーンスムージより1杯のみそ汁の方が断然おススメ。

グリーンスムージーも悪くは有りません。ただ、体質や季節によって体を冷やしてしまう場合もありますね。

温かいお味噌汁の方が、腸内環境を整え朝のお通じにも効果的。

具はその日に応じて変えてください、昨日の残りの野菜や豆腐、キムチやツナ缶などなんにでも相性が抜群にいいですね。

仕上げにオリーブオイルを少し入れると良質な脂質も摂れて完璧です。

なんとなく、グリーンスムージーの方がお洒落な感じするけれど、美肌にはお味噌汁だね~。

Q奇麗なお肌になる為なら豆乳?それとも牛乳?

A.断然豆乳ですね。最近の研究では、牛乳を飲むとニキビができやすくなるというデータもあるようです。

私たち日本人は、乳製品に含まれるラクトース(乳糖)を消化できる酵素が少ないので、もともと牛乳には合わない体質なのかもしれません。

出来れば、健康にも美容にも良い豆乳の方をおススメします。豆腐と同じ大豆製品なので大豆イソフラボンがたっぷり

調整豆乳には砂糖や人工甘味料が使われているので、無調整豆乳がおススメです。

飲みにくいかもしれませんが、いろいろな果物とはちみつを合わせてスムージをにすると飲みやすくなりますよ。

参考『和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなれる』エリカ・アンギャル著