商品詳細ページへ

幸福体質になれる?!成功ウォーキングの効果

 

皆さんご存知でした?

ウォーキングは、ダイエットや健康に良いだけではなく、ストレスや、不安・怒りが消えてきて自然に考え方がハッピーな状態になってきます。

ウォーキングをしながら、気持ちが落ち込んでいく人を皆さん見たことがありますか?

嬉しいことに、ウォーキングをすれなするほど幸福体質な女子になっていきます。

では健康になり、贅肉が落ちていき、幸福体質になれるウォーキングとはどんなものなのでしょうか?

 

ウォーキングにハマっている美人芸能人

 

・佐々木希(非常に愛犬家・犬の散歩と一緒に毎日ウォーキングを日課としている)

・MEGUMI(毎日愛犬と一緒に30分散歩をしている)

・べッキー(毎日、音楽を聴きながら1時間ウォーキング、腕を大きく振りながら、足を大きく踏み出すやり方。)

・綾瀬はるか(30分から1時間の早歩きウォーキング)

 

こんなに沢山!?驚くべきウォーキングの効果

〇生活習慣病の予防

・高血圧の改善・心拍機能の強化

・動脈硬化・糖尿病の改善・骨粗鬆症予防

・血流がアップして血管が強くなる。

〇夜に寝つきが良くなる

〇ストレスから解放されてハッピーな気持ちになる

〇血流が良くなり、脂肪が燃焼しやすくなる。

〇歩き方によっては、足が細くなる

〇運動の刺激によって、脳脊髄液の流れが促されて脳の活動が活発化する。

1日1時間程度のウォーキングをするだけで、寿命が2時間伸びるというハーバード大学の研究もあるみたいね~。

 

ウォーキングをすると成功脳が動き出す

ウォーキングを始めて15分から20分くらいたつと、脳の中にβ―エンドルフィンというホルモンが分泌されます。

このホルモンが分泌されると、誰でもとっても気持ちの良い状態になるのです。

皆さんなぜ、大勢の人がランニングやジョギングにハマると思いますか?

『この時に感じる気持ちの良さを、毎日味わいたい!』という一心な気持ちで、ついついウォーキングやジョギングにハマってしまうのです。

私もその中毒者の1人ですが・・・。不思議なことに、1日中ハッピーな気持ちでいられます。

 

ウォーキングをするとアイディアが沸いてくる!

自分のやりたいことが見つからない。アイディアが全く浮かばない。そんなことはよくありませんか?

そういう時は、何はさておきウォーキングで体を動かすことをおススメします。

歩き始めて15分くらいから、β―エンドルフィンが分泌されてます。このホルモンこそ、脳と想像力を活性化する魔法のホルモンです

『あれにチャレンジしたい』『こんなことしてみたい。』という欲望やアイディアが、次から次へ湧き出てきます。

そして次にセロトニンというホルモンが出てきます。

このセロトニンはこの盛り上り過ぎた気分を、少しクールダウンさせ、考え方をまとめる働きをします。

ウォーキングをすればするほど、ハイテンションで気分は高揚しているけれど、頭はクールで冴えている状態になるわけです。

アメリカのエグゼクティブクラスの男性が朝の運動にハマるのもわかりますね。

また、だらだら歩かないで、リズミカルに歩くと生体恒常性(ホメオタシス)がうまく働くようになります。それによって病気にかかりにくい体に、変化をしていきます。

効果のある時間帯と継続時間

 

朝・昼・晩どの時間が効果的?

〇ウォーキングの理想的な時間帯

早朝>夕食前>昼(日中)>夕食後となっています。

1番お勧めな時間帯は、絶対朝でしょうね。

なぜなら、人間は朝起きて活動をし、夜になると眠るという生体リズムを、生まれながら体内時計に刻まれていにるからです。

このリズムに沿って生活をすると、自律神経系のホルモンの働きが絶好調になります。

太陽の光をたっぷり浴びて、ガンガン歩くと、セロトニン神経(ストレスを解消するホルモン)がみるみる活性化します。

これが、ストレスを解消し色々なアイディアが沢山浮かんできます。

世界中の実業家やセレブが朝ジョギングを欠かせない理由の1つですね。

朝早くても紫外線は出ているので、紫外線対策を忘れずにね~。

なぜいつもポジティブでいられるの?

 

『あの子はいつも、落ち込まないし元気だよね~。』

と言われる女子の85%以上の人はウォーキング、もしくは有酸素運動をやっています。

なぜ、スポーツ選手には明るいさっぱりした人が多いのでしょうか?

ズバリ!脳が違うからなんです!

先ほども言いました、ウォーキングを始めて15分くらいから、ハッピーホルモンである、ベータエンドルフィンがドンドン分泌されます。

毎日運動している人は、こうした良いホルモンがドンドン分泌されますから心身ともにハッピーな状態になっていきます。

毎日歩くと、ハッピーホルモンも出るから私も頑張ってみようかな?

ウォーキングの効果ある継続時間

大体1日に、最終的には60分が目標ですが、『朝60分歩くのはつらいわ~。』という人もいますよね。

そういう場合は1日に15分から20分と時間を分けて最終的には1日60分を目標にすればいいと思います。

しかし、最低でもウォーキングを始めた場合15分~20分は続けてくださいね。

そうしないと、脳によいホルモンが分泌されませんし、脂肪も燃え始めません。

とりあえず最初は、20分からでも大丈夫です。毎日続けることで、体が慣れてきて1時間位平気な体に変化していきますよ。

 

ウォーキングは週に何回位すれば効果がある?

 

回数は週に4日以上。週に4回できれば完璧です。

ただし、ウォーキングをしない日が3日以上続くと、せっかく鍛えた体が、もとに戻ってしまいます。

出来れば、あまり続けて休む日を作らないようにしましょう。

週に4回以上ねえ。ちょっとキツイかな?でもハッピーな気持ちになるなら、チャレンジの価値ありますぅ~。

ウォーキングとランニングの違い

ウォーキングの延長上にジョギングが有り、さらにジョギングの延長上にランニングが有ります。

簡単に言うと運動強度の違いだけですね。

ランニングはウォーキングより、心拍数が上がりやすいのが一般的な特徴です。エネルギ―消費に関しては圧倒的にランニングの方が効率的です。

速攻でダイエットしたい人や、短時間で成果の出したい人はランニングでもいいかもしれませんね。

ただ、運動初心者の人にはハードルが高く、長続きをしない場合が多いです。

 

ランニングよりウォーキングを選ぶ理由

 

運動負荷の強い運動に対しての抵抗

ランニングは初心者にはキツイです。

日頃運動になれていない女子にとっては、朝のキツイランニングがあると思うと気が重くなって朝起きるのがつらくなります。

ウォーキングを、お気に入りの音楽を聴きながらするのと、苦しみながらランニングをするのでは心理的負担も雲泥の差です。

しかし、ウォーキングをしていると段々体が慣れてくるし、ウォーキングだけでは物足りなってきます。

私も、ウォーキングを始めて2か月でランニングに移行しました。

足腰に負担がかかる

歩く時と駆け足では、地面に足をつく時の衝撃度に違いがあります。

ウォーキングよりもランニングの方が足にかかる負担が大きいです。

ゆっくり歩く時に足にかかる負担は体重の1.2倍、走っているとその3倍ほど足に負担が掛かります。

普段全く運動をしない人や、太った方は、ウォーキングから始めるのがいいかもしれません。

鉄不足になる

激しい運動をして汗を大量に書くと、鉄分が一気に失います。運動の後には、サプリや食品で鉄分の補給をした方がいいですね。

効果のあるウォーキングスタイル

 

正しい姿勢のポイント

・壁に背中をつけて、肩甲骨・ヒップ・かかとのすべてがつくようにします。

・腰と壁の間に手のひら1枚くらい入るのが理想。

上半身のポイント

・肩の力を抜き、ストンと自然に下ろします。

・胸をしっかり張って大きく広げます。

・顎を上げずに、首を長く伸ばします。(顎を出さないことがポイントです)

・頭のテッペンが斜め後ろから引っ張られているようなイメージ。

ウォーキングの仕方

①頭は揺らさずに固定します。

②顎は軽く引きます。目線は真っ直ぐで15㎝先をみる。

③肩は力を抜いてリラックス。

④肘はやや曲げて、腕を大きく振る。

⑤腰の回転を意識すると、自然と歩幅が広がります。また、股関節周辺の筋肉も使われて運動効果も上がります。

⑥膝を伸ばして、かかとから着地。

⑦足を地面から話す場合は、つま先で大地を蹴るようにして前に踏み出す。

※慣れるまでは、スピードよりも正しい姿勢を保つことに重点を置きます。

呼吸は自分のリズムで自然にしましょう。

ウォーキングの速さの目安

リズムの目安は1秒で2歩、10秒で20歩~30歩ほどです。

この速度は、普通の歩き方より少し早い速度になります。このリズムで歩くと、60分のウォーキングで約300キロカロリーを消費する計算になります。

ジョギングだと背を丸めて走る方が楽なので猫背なホームになってしまう方が多いですが、ウォーキングは正しい姿勢を保つことが出来ます。

 

ウォーキングシューズの選び方。

POINT

  • 厚底(足を痛めない)
  • 足にちゃんとフィットしている
  • 通気性がある
  • 左右にぶれにくい
  • 足裏の形状と着地が有っている。

①足のつま先が、10㎜位余裕を持たせた靴をはく。

②足の踵の部分が、踵と比べて大きすぎない事。

靴内側の踵の部分のクッションが足によくフィットする事

外側は固くてシッカリしたものがおススメです。

ウォーキングシューズは、最低2足以上購入して毎日日替わりで履くと長持ちするのよね~。

ウォーキングの前と後には水分補給

 

ウォーキングの前と後ではには、十分に水分補給することが大切です

特におススメなのが、ウォーキング前に緑茶を飲むことです。

緑茶にはコーヒーより沢山のカフェインが含まれています。カフェインを摂った後で、運動をすると脂肪が効率よく消費され、ダイエットに効果的です。

またウォーキングの前にレモン汁を絞って水に入れて飲むといいですよ。

レモンの中のビタミンCが、紫外線からお肌を守ってくれます。

そして、ウォーキングの後は、たんぱく質であるプロテインを飲みましょう。運動後に良質なたんぱく質を摂ることで、筋肉が作られます。

筋肉が体の中に作られる=代謝の良い体になるという事ですね。

代謝が上がると痩せやすい体質になるので、ウォーキングの後はプロテインドリンクはを飲みましょう。

運動後は特に体が一種の飢餓状態になっているので、吸収率が高いです。

運動後の45分がプロテインドリンクを飲むゴールデンタイムです。

ウォーキングしてから45分以内にプロテインドリンクを飲むのね~。体の代謝を上げる為にも頑張るわ~!

運動をすることで、体も心も健康的に♪

まずはウォーキングから始めてみて継続することを目標にしてみましょう!